荷揚げという職業

荷揚げという職業をご存じだろうか。

今、建設業界の単金の上昇で脚光を浴びている職業である。

荷揚げの仕事自体は力仕事。建設現場で建設資材(石膏ボードや床材)を単価の高い職人さんに変わり必要な数を必要な場所に必要な時に運び込む作業である。

荷揚げ工は常人より力があるばかりか、重い物を持つコツというか身体ぬ使い方を知っているので、荷揚げは常人の倍以上の重さの建設資材を持つ事ができる。

荷揚げの仕事を見てると凄いと思う。

で、面白いのが、荷揚げの仕事というのは一現場いくらという給料なのだ。その一現場は数時間で終わる事が多く、一日に三現場回る事もあるらしい。だから、若い人が一気に稼ぐにはいい仕事だそうだ。

私の様なオジサンでは、荷揚げの仕事の様にそこまで身体を酷使する事はできないし考えられないが、そんな職業もあるということ。

今は、東北の復興やオリンピック、アベノミクス効果があり建設ラッシュの時代だ。その中で必要な職業として荷揚げというのがあり、一日に何現場もこなせる荷揚げ工が必要とされている。

オリンピックが始まるまでは荷揚げは多忙な事が予想される。オリンピックが始まれば警備員が忙しいかも。オリンピックが終わればどうなるか知りませんが。

New Business

荷揚げという職業

荷揚げという職業をご存じだろうか。 今、建設業界の単金の上昇で脚光を浴びている職業である。 荷揚げの仕事自体は力仕事。建設現場で建設資材(石膏ボードや床材)を単価の高い職人さんに変わり必要な数を必要な場所に必要な時に運び込む作業である。 荷揚げ工は常人より力があるばかりか、重い物を持つコツというか身体ぬ使い方を知っているので、荷揚げは常人の倍以上の重さの建設資材を持つ事ができる。 荷揚げの仕事を見てると凄いと思う。 で、面白いのが、荷揚げの仕事というのは一現場いくらという給料なのだ。その一現場は数時間で終わる事が多く、一日に三現場回る事もあるらしい。だから、若い人が一気に稼ぐにはいい仕事だそうだ。 私の様なオジサンでは、荷揚げの仕事の様にそこまで身体を酷使する事はできないし考えられないが、そんな職業もあるということ。 今は、東北の復興やオリンピック、アベノミクス効果があり建設ラッシュの時代だ。その中で必要な職業として荷揚げというのがあり、一日に何現場もこなせる荷揚げ工が必要とされている。 オリンピックが始まるまでは荷揚げは多忙な事が予想される。オリンピックが始まれば警備員が忙しいかも。オリンピックが終わればどうなるか知りませんが。 ...
Copyright(c) 2011 dhusch.com Business Blog All Rights Reserved.